今回ご依頼をいただいたのは日本人配偶者と再婚をされた外国籍の方です。日本人と再婚をするときは配偶者ビザの更新申請をしますが、変更申請と同じ書類が必要になります。

また国によっては在留期間内に母国での離婚が成立しないときがあります。母国で離婚が成立しないまま配偶者ビザの申請はできるのでしょうか。

再婚のときの配偶者ビザ申請の注意点と配偶者ビザに本当に必要な書類を確認していきます。

母国で離婚手続きが終わらないとき

カトリック教の国の一部では離婚が認められていません。離婚ができないわけではないのですが、協議離婚=ふたりで話し合って離婚をすることができません。裁判をして、判事の了承を得ないと離婚ができないのです。

今回ご依頼をいただいたブラジルの場合、未成年の子どもがいると協議離婚ができません。裁判をして、子どもの養育などを決めることになります。

しかしブラジルではなく日本に住んでいるのですから、ブラジルで裁判をすることになると時間がかかってしまいます。時間がかかってしまうとお相手の在留期間内に日本で結婚の手続きができませんし、在留期間がなくなってしまうとブラジルに帰国をしなければいけなくなります。

今回ご依頼をいただいたご夫婦もその点を心配されていました。日本で結婚の手続きが完了していないと配偶者ビザの申請はできません。お相手の方はブラジルに帰国をしなければいけないのでしょうか。

大丈夫です。ブラジルに帰国をしなくても、ブラジルで離婚の手続きが完了していなくても日本で結婚の手続きはできます。

お相手の方の元配偶者が日本人の場合、元配偶者の戸籍謄本を取り寄せることでお相手の方が離婚をされていることが証明できます。元配偶者が外国籍であっても、元配偶者の国から離婚証明書を取り寄せることで”離婚をしたこと”の証明ができます。

日本は重婚を認めていません。そのため外国籍の方と結婚をするときに婚姻要件具備証明書=独身証明書を提出しますが、独身であることが証明できれば婚姻要件具備証明書を提出しなくても問題ありません。

独身であることの証明として離婚をしたことの証明書を提出します。

今回のケースでは元配偶者の方が日本人であったため、ご協力をいただき元配偶者の方の戸籍謄本を婚姻届といっしょに提出しました。

しかし、婚姻届の受理は市役所によって対応が変わります。ご夫婦が婚姻届を提出された市役所は審査が厳しく、法務局の判断となりました。最終的には法務局で面談を行うことになりましたが、無事に日本での婚姻届が受理されました。

配偶者ビザにお相手の国の結婚証明書がない

無事に婚姻届が受理をされ戸籍謄本に結婚の事実が記載されました。しかしお相手の方は母国で離婚が成立していないため、外国の結婚証明書はありません。

出入国在留管理局のサイトには配偶者ビザの必要書類として”外国の結婚証明書”と記載されています。外国の結婚証明書が提出できないため不許可になるのではないか、と心配になります。

出入国在留管理局のサイトに記載されている必要書類はあくまで参考程度とお考えください。とくに配偶者ビザはご夫婦によって事情が変わります。提出できない書類が出てきますが、出入国在留管理局に証明をしないといけないことは2つだけです。

  1. 偽装結婚ではないこと
  2. 日本での生活費について

この2つが証明できれば、どんな書類を提出しても(提出できなくても)問題はありません。

外国の結婚証明書は偽装結婚でないことを証明する書類の1つです。ほかに偽装結婚でないことを証明する書類があればなにも問題はありません。

ただし、配偶者ビザは日本で結婚をしていることが前提となります。日本で結婚の手続きをしていないのに配偶者ビザの申請はできません。母国で離婚が成立していなくても、日本で結婚の手続きを終えて配偶者ビザの申請をしてください。

離婚の原因の説明を求められたとき

何度も言いますが、出入国在留管理局は偽装結婚ではないか詳しく説明を求めてきます。

とくに日本人配偶者と離婚をして、別の方とご結婚をしたあとに配偶者ビザの更新申請をするときは離婚の原因をたずねてきます。また離婚をして、1年後に別の方で配偶者ビザの更新申請をする可能性があるためでしょうか。

出入国在留管理局は安定的・継続的に日本で滞在することを求めます。何度も離婚をすることは安定的・継続的とはいえません。

ただ離婚の原因によって配偶者ビザが不許可になることはありません。正直に、ていねいに説明をすれば許可は取れます。

今回のケースでも離婚原因について包み隠さずご説明をいただき、私が書類を作成することで許可が取れました。

JOY行政書士事務所にできること

最初は日本での結婚の手続きができなくてご相談をいただきましたが、母国で離婚が成立していなくてもご結婚ができることをご説明し、無事に配偶者ビザの許可を取ることができました。

母国で離婚が成立しない、母国の結婚証明書がない、同じようにお困りの方がいらっしゃるかと思います。

ぜひJOY行政書士事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

JOY行政書士事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
ホームページをご覧になられてご不明な点、ご不安な点などがございましたらお問い合わせください。
相談は無料です。はじめて行政書士にお問い合わせ・ご相談をされるかと思いますがお気軽にご連絡ください。