自動車整備を学べる専門学校に進学を希望するネパール人留学生が多くいます。今後ネパールではもっと自動車が増えて自動車整備の需要が増えていくのではないか、と彼らは考えています。

ネパール人留学生は日本で働いてお金を稼ぎ、帰国をして自分の会社を持つことがひとつのゴールです。自動車整備士は彼らの夢を叶えることができる職業といえます。

そんなネパール人に人気の自動車整備士。自動車整備士として日本で働く方法を見ていきます。

「技術・人文知識・国際業務」

就労ビザの代表といえば「技術・人文知識・国際業務」の在留資格です。外国人留学生は文系が多いため「人文知識・国際業務」に目が向かいがちですが、「技術」の在留資格があります。

自動車整備士の専門学校を卒業することで学歴要件をクリアし、「技術」の在留資格の申請が可能となります。

専門学校で学んだ知識をいかせる専門性のある業務内容でないといけないのは「人文知識・国際業務」と同じです。

許可事例として、
”本邦の自動車の点検整備・配送・保管を業務内容とする企業との契約に基づき(中略)、サービスエンジニアとしてエンジンやブレーキ等自動車の基幹部分の点検・整備・分解等の業務に従事するとともに、自動車検査員としての業務に従事することとなるもの”
が挙げられています。”自動車検査員”という専門性の確保が重要となります。

自動車整備の専門学校を卒業すれば学習内容と業務内容の一致がわかりやすく、在留資格「技術」の許可も取りやすいかもしれません。

しかし自動車整備の専門学校は試験が難しく、日本語レベルの低い外国人留学生はなかなか入学できません。入学ができても専門用語の多い授業についていくことができないのは介護と同じです。またビジネス系の専門学校と違い学費が高いのが自動車整備の専門学校の特徴です。学費が払えずに途中でドロップアウトしてしまう留学生もいます。

専門学校を卒業して自動車整備士として働く外国人留学生は、なかなか増えていかないかもしれません。

技能実習生、特定技能

2019年から始まった特定技能ですが、自動車整備分野で初めての特定技能1号が9月に誕生しました。

もともと自動車整備分野は平成28年4月から技能実習生を受入れています。3年が経ち、技能実習2号を終えた実習生が特定技能1号に変更したのでしょうか。

特定技能1号になったフィリピン人の技能実習生は、3級自動車ガソリン・エンジン整備士の資格を取得。また、日本語能力試験ではN2に合格しているようです。特定技能の日本語レベルはN4で合格です。かなりレベルの高い実習生だと思われます。

この実習生の場合は3年の技能実習を満了してから特定技能に在留資格を変更していますが、一定の試験に合格すれば実習生を経由しなくても特定技能1号で働くことができます。

自動車整備士の場合は、「自動車整備分野特定技能評価試験」または「自動車整備士技能検定試験3級」に合格すれば問題ありません。日本語能力はN4です。

「技術・人文知識・国際業務」と「特定技能」

「技術・人文知識・国際業務」と「特定技能」は日本で働くことができる点では同じですが、大きな違いがあります。

  • 在留期間
  • 家族滞在

まず「特定技能1号」の在留資格は最長5年までと決まっています。その後「特定技能2号」に変更ができる分野もありますが、自動車整備分野は2019年現在、「特定技能2号」に参加していません。

また家族滞在も認められていないため日本に配偶者を呼び寄せることができません。

自動車整備分野は「技術・人文知識・国際業務」と「特定技能」が同じような業務を行いますが、待遇に大きな差があります。

そのため自動車整備の専門学校を卒業し「技術」の在留資格を取ったほうがメリットが大きいのですが、必ず就職先が見つかるとは限りません。「技術」の在留資格を持つ外国人を正社員で雇うのではなく、「特定技能」の在留資格を持つ外国人を契約社員で雇う企業が増えてくるかもしれません。せっかく専門学校を卒業しても就職先がなければ意味がありません。日本で働くために在学中に「自動車整備士技能検定試験3級」に合格して「特定技能」で就職ができるようにしておくべきかもしれません。

まとめ

自動車整備士として日本で働く方法をご紹介しました。「技術」で働くことができるのか「特定技能」で働くことができるのか、エントリーできる会社によって変わってきます。

どちらでも対応ができるように、外国人留学生は考えていかなければいけません。

また採用する企業は、応募をしてきた外国人の方がどの在留資格なら許可が取れるのか考えなくてはいけません。

在留資格には明確な審査項目があります。ご注意ください。